FC2ブログ

ウシ柄ねこのブログ

北関東で2011年に50坪の土地に34坪の家を建てたサラリーマン。小庭や生活などについて書いてます。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

温風機の工作

温室と聞くと暖かいイメージですが、実は保温性が無く夜は外気温と同じになっていました。
そこで、まずやったのが「ペットボトル湯たんぽ」。
太陽光で温まり易いように黒く塗ったペットボトルに水を入れて温室の中に並べました。
昼は40℃くらいのお湯になり、夜21時頃まではそこそこ保温してくれますが
朝方にはほとんど効果無く0℃くらいまで下がってしまます。
しかも、太陽が出ないと効果なし。。。
天候に左右されず保温できる物は?市販の保温器も考えましたが電気に頼りきらずにできないか?
てことで、思いついたのが床下温度の利用。
外気温-5℃でも家の床下は10℃を保っていたので、この暖かい空気を温室へ廻すために送風機を作りました。

それがこちら↓写真右上の基礎にある換気口にフタをしてポンプを入れる箱とパイプを設置しました。
31DEC201301.jpg

解りやすく絵にするとこんな感じです。
31DEC201304.png

パイプと送風機の箱は発泡スチロールなど断熱性あるものを使い
送風機は市販の物を流用しています。

問題は
・床下10℃でも送風機入れた箱で5℃まで下がり、温室に着くころには2℃くらいなので効果が薄いこと。
・送風機が乾電池式で2晩しか持たないこと。
・昼は温度が上がる過ぎて蒸し風呂状態となること。
12月末で一日の変化は夜0℃で昼40℃と砂漠より過酷な環境でした。
温室のペピーノが昼間の高温で弱ってきているので、早めに対策しなければ。。。

面白かった方もそうでない方もポチットお願いします。。。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花木・庭木へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 | ホーム |  »

プロフィール

ウシ柄ねこ

Author:ウシ柄ねこ
写真は旅で見つけた猫です。
北関東で2011年になんとか50坪の土地に
34坪の家を建てたサラリーマン。
小庭や生活などについて書いてます。

検索フォーム