FC2ブログ

ウシ柄ねこのブログ

北関東で2011年に50坪の土地に34坪の家を建てたサラリーマン。小庭や生活などについて書いてます。

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

積水ハウスの“ぐるりん断熱“について

また雪が降りました、夕方には止んだけど10cmくらい積もって、道路のシャーベットが明日の朝には凍りそうです。

前回に続いて積水ハウスで“ぐるりん断熱”じゃなかったところ、それは「間仕切り壁」です。
かなりじっくりカタログと図面は見てるつもりでしたが現場で立体的に見るまで全く気づきませんでした。

テントでもない限り、部屋があれば必ず↓こんな「間仕切り」はあると思います。
間仕切

そして、積水ハウス(軽量鉄骨)の「間仕切り」構造はこうなっています↓
積水ハウス断熱

この絵だと「別に断熱材が入ってなくても、外気に接していないし問題ないじゃん!?」と思いますよね。
でも現場で立体的に構造を観察すると・・・間仕切りの中の鉄骨は下の写真のように基礎に直付けされているからかなり冷やされるハズ。
だから、間仕切り壁の中も外気ほどじゃないかもしれないけれど間違いなく冷えると思うんです。
例えて言うなら・・・、戸棚の中に保冷材として冷たい鉄骨が入っているようなものです。
「ぐるりんじゃないですよね」と現場監督に聞いたら「実はぐるりんじゃない部分もあるんです」と認めてました・・・。
積水ハウスの鉄骨

でも、これって良く考えると年中通して十数度で安定している地面の温度が伝わって夏は冷やしてくれるハズ
だから、ここを断熱するかどうかは夏と冬のどちらを優先するかということ。
しばし悩みましたが、私は恒温動物とは思えないほどの冷え性・・・。
監督さんにお願いして鉄骨の周りに余っている断熱材を巻いてもらいました。
これ↓は巻いてる途中の写真で黄色いのが断熱材です。
積水ハウス間仕切断熱

気になるのは断熱材を巻いた効果ですよね。
残念ながら比べようが無いので解りません。。。。。。
でも、換気扇を回すとコンセントから風が入ってくるので、少なからず冷気対策にはなっていると思います。


積水ハウスの断熱ってどおなんでしょう、私は一言で言うと「空調効くけど保温はちょっと弱い家」だと思います。
皆さんどお思います?寒さ暑さについてコメントください、お気軽に。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 | ホーム |  »

プロフィール

ウシ柄ねこ

Author:ウシ柄ねこ
写真は旅で見つけた猫です。
北関東で2011年になんとか50坪の土地に
34坪の家を建てたサラリーマン。
小庭や生活などについて書いてます。

検索フォーム