FC2ブログ

ウシ柄ねこのブログ

北関東で2011年に50坪の土地に34坪の家を建てたサラリーマン。小庭や生活などについて書いてます。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

リビングドアの掃除

引き戸の開閉が重くなり、ついつい締め切らずにしがちだったので
滑りをよくするために掃除しました。

樹脂のレバー挟んでドアを持ち上げつつ、滑車を外します。
20181215 (2)

髪の毛などが絡まっていたのと、矢印の隙間の奥にボールベアリングは入っていて、その中に黒い埃の塊見えたのその部分を洗浄します。(写真は洗浄後なので綺麗です)
20181215 (1)

潤滑材を隙間へ向けて吹き付け続け、汚れごと洗い流します。
20181215 (3)
効果はバツグンで、新品のように軽くカラカラと動くようになりました。

ちなみに、普段目につかない引き戸の奥がわにも滑車があるので、メンテナンスホールから手を突っ込んで外して洗いましたが
そっちはほとんど汚れていませんでした。
スポンサーサイト



ベランダ排水溝の錆

排水溝を掃除しようと思ってアルミの板を外したら赤錆が。。。
小さな割れ目から錆が吹き出してるように見えます。
20180605 (4)
積水ハウスへ連絡し、翌日カスタマーセンターの方に確認して頂き原因を確認するまで
応急処置としてアルミテーム貼って頂きました。
20180605 (5)
一週間後、積水ハウスから、コーキングが割れて中から錆が出てきているようだと連絡がありました。
作業は職人の方がきて行うこととなり、コーキングを剥がして塗り直して頂きました。
20180605 (2)
この溝をコーキングをぐるっと一周塗り直して頂いたようです。
中の錆が心配でしたが、下の天井などに錆が垂れるような構造にはなっていないから大丈夫とのことでした。
とは言っても中は錆っぱなしでは?と思いましたが、水が行かなければ浸食しないハズなので大丈夫かな。。。
20180605 (3)

ダウンライトの交換電球探し

ダウンライトの電球が6年目にして切れました。
20180317 (1)

20180317 (10)

交換用の電球型蛍光灯を物色していると断熱材施行器具に非対応の物ばかり。
そして今使っている電球型蛍光灯も実は非対応っぽく、どうやらうちのダウンライトは口金が真上でなく横刺しなので
熱くなりにくくて非対応の電球型蛍光灯が使える設計になっていると思われます。
てことで、ネットで探してみると↓これだけ見つかりました。
電球3

今回切れた①は既に生産中止で市場流通品だけとなり価格が高い!!
②は①の後継ながらもサイズが大きくなり、うちのダウンライトには収まりそうにない。
④なら安くてコンパクトなので試してみました。
ちょっと強引な入れ方で何とか入りました。
20180317 (2)
中を見て見たかったので器具の傘を外してみた写真↓断熱材で覆われています。
20180317 (11)
傘を取り出してみた写真↓口金は真上ではなく奥側の白い所に位置します。
20180317 (9)

ちなみに
LEDも考えたのですが、電球型LEDはまだ高価なのと無理矢理に電球型にしているため寿命が短いという噂もあり却下。
器具一体型LEDは積水ハウスで工賃込み約\5,000/個とのことでしたが、LEDはまだまだ発展途上なようなので
当面はこの電球型蛍光灯で凌ぐことにしました。
既にLEDで色や光の強さを変えられるものも発売され始めたみたいです。
それにしても、大手のメーカーながら売りっぱなしで生産終了というのも驚きでした。
国策もあり、白熱電球は2015年で生産終了、蛍光灯は2019年で生産終了と家庭の状況とは関係なしに進み
ダウンライトのために天井にはφ120の大穴が必要だったのが、LEDならΦ100で済むようになったみたいです。

シャッターとベランダの掃除

今年も恒例のシャッターの掃除です。

基本的に毎年同じやり方→2012年の掃除

今年はちょっとムダを省いて
1、外側に洗車ブラシでブラッシングして溝のゴミを掻き出し、ホースでシャワー掛けて水拭き。
3、内側を水拭き。
4、シリコンスプレーを布に染み込ませて外側内側に塗布。
気になったのは擦れ傷があること、なるべく傷を狙って塗布しましたが、キシミ音にはあまり効果なし。。。
傷は収納する時にこすりながらぐるぐる巻いているので仕方なし。
20191112 (5)
内側も結構よごれていて、下側50cmは表面がざらざらだったのが水拭きでとれました。
20191112 (2)

そしてベランダは高圧洗浄機で洗いました、ついでに窓も網戸ごと洗って水切りして窓掃除も完了。
20191112 (7)
常に日陰になるところにはうっすらと緑色のコケが生えていたので、これも洗浄機で落としました。
20191112 (1)

クエン酸湿布でキッチン掃除

湯船が綺麗になったのでキッチンもクエン酸で掃除。
31DEC2016 (1)
湯船よりもカルシウムの白い塊が大きくて硬く、カードでかなりゴリゴリやってやっと綺麗になりました。
7JAN2017 (4)
でも薄っすらとカルシウムの跡が・・・、やっぱり日頃の小まめな掃除をしないとダメですね。
7JAN2017 (1)
この後、水切り籠とコーヒーメーカーのガラス容器もクエン酸湿布とカードゴリゴリで綺麗にしました。
7JAN2017 (2)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

プロフィール

ウシ柄ねこ

Author:ウシ柄ねこ
写真は旅で見つけた猫です。
北関東で2011年になんとか50坪の土地に
34坪の家を建てたサラリーマン。
小庭や生活などについて書いてます。

検索フォーム